不動産証券化の目的

不動産の証券化について

トップ / 不動産の証券化について

不動産の証券化について

不動産の証券化、と言うことをしている金融業者はいくらでもあります。どんなものでも証券にすることはできるのです。債権であるならば何でもできるようになっています。それが金融商品というものです。良いものもありますし、かなりリスクが高いものもあります。例えば、先のリーマンショックも、この不動産の証券化によって起きてしまったことです。しかし、証券化は言うまでもなく、リターンが大きいです。ですから、世界中で販売されているわけです。証券の中身を理解するにはそれなりの知識が必要ですから、手を出すならしっかりと勉強してからにすることです。

証券化をするメリットについて

不動産の証券化の目的には、企業等の団体がまとまった資金を調達する手段として活用されたものです。その例としては、株式だったり社債だったり、国債だったりの証券の形として行われます。そして、証券化とは、オフィスビルやマンションの収益を得る権利を小口化して分割を行い、市場による流動性を高めたことにあります。不動産に対しての投資を行うことは、まともに行うと金額が莫大になるケースが多かったですが、小口化されることで投資家が投資しやすくなり、資金調達も確保しやすくなるメリットがあります。なお得られる収益については、証券の所有者に分配される仕組みになっています。

不動産にかかるお金の情報