不動産における手付金

不動産取引にかかるお金

トップ / 不動産取引にかかるお金

不動産取得時の手付金について

不動産取得の場合、土地代が例えば50坪2000万円としますと、500万円が自分の預貯金、1500万円が銀行などからの住宅ローンとなります。取得のプロセスとして、まず土地主との面談が工務店・建築事務所などを介して行われます。そこで手付金の額が決まっています。2000万円の不動産取引の場合、手付金が100万円程度になるようです。住宅ローンを組んでいる場合は、借り受ける銀行等もそのことを承知ですので、住宅ローンからその100万円を出費してくれることになります。その100万円は、1500万円の借り受け分から貸与されることになります。

契約手付金を無駄にしない為に

不動産売買の際、商品と違って、同じ条件の土地や物件は二度とないため、気に入った物件は押さえておきたくなります。もっといい物件に出会えるかもとか、資金計画が・・とか、買主にとっても大きな決断ですが、売主にとっても、おさえている間に、ほかの人に売るチャンスを逃してしまうリスクがあります。契約して手付金を支払った場合、売り主からの解約の場合は手付金は放棄(戻ってこない)、買主からの解約の場合は倍返し(預かっていた金額を返すとともに同額を支払う)といった条件を付すことがあり、不動産取引となると、金額も小さなものではありません。また、ローン特約と言って、借入ができない場合に限り全額を返す特約を付ける場合もあります。物件が気に入ると、気持ちははやりますが、手付にかかる特約は必ずチェックしましょう。

不動産にかかるお金の情報