不動産の仲介でも

不動産にかかる手数料

トップ

賃貸不動産成約時の手数料

賃貸不動産を業者に探してもらい無事理想の物件が見つかり成約した場合には、業者に対し、仲介手数料を支払うことになります。10年以上前までであれば、どの業者もほぼ間違いなく成約賃料の1ヶ月分を要求してきました。しかし、ある時期から大手フランチャイズチェーンを展開している一部業者が半月分として、それからは横並びで皆半月分となり、現在は手数料0円を謳い文句にしている業者まで出てきています。もともと、1ヶ月分という規定は宅建業法上の上限でしたので、もちろんそれ以下にすることは当然法律違反でもなんでもんありません。デフレ経済の中の不動産の当たり前の流れといってもいいかもしれませんね。

月極駐車場こちらのサイトで検索を!
このサイトでは全国の希望の場所で探せますよ。細かい場所の地図や価格、対応車種、契約区分なども一目で分かりますよ。

仲介手数料の内容について

不動産は個人間の取引については手数料は発生しないが、業者が中に入って売買や仲介を行う場合には業者に規定の手数料を支払う必要がある。ただし成果主義がとられているので契約が成立しなかった場合は支払う必要はない。その額は取引価格が200万円以内の時は取引価格の5%以内、200万円を越え400万円以下の場合には取引価格の4%+2万円以内、400万円を越える場合には取引価格の3%+6万円以内でそれに消費税がかかってくる。不動産の売買や交換の代理の場合は上記の2倍以内、賃借の媒介の場合には双方の合計で家賃の1ヶ月分以内、賃借の代理の場合は家賃の1ヶ月分以内又は双方から合計でその2倍以内となる。

西川口 マンションをお考えならこちらをチェック。周辺はお店がたくさんあって、都心部への交通環境も良さそうです。

不動産にかかるお金の情報